2020年09月
<<前月 翌月>>
★は初登場の虫

 

09月18日

裏山で出会った蛾達

 ニセマダラミズメイガ★

 キホソノメイガ★

 スカシコケガ

 ルリモンシャチホコ

 

09月17日

フタモンウバタマコメツキ

 

09月16日

エサキモンキツノカメムシ

 

09月14日

大分県で出会った虫達

 ミドリバエ★

 ヤマトエダシャク★

 プライヤエグリシャチホコ★

 マダラカギバ★

 ツマアカシャチホコ★

 キマエホソバ★

 キベリハネボソノメイガ

 ヒメキホソバ

 キマエアオシャク

 オオカマキリモドキ★

 エンマコガネの1種★

 ハグロトンボ

 ハラボソトンボ

 クロセセリ

 アオハナムグリ

 オオセンチコガネ

 セグロヒメツノカメムシ★

 ゴイシシジミ

 

09月12日

勝手口で出会った虫達

 イラクサギンウワバ★

 ウスグモスズ

 

09月09日

クワガタ大作戦

 ミヤマクワガタ

 アカギカメムシ★

 ヒラタクワガタ

 クロカナブン

 オゴキブリ

 ノコギリクワガタ

 タマムシ

 カブトムシ

 カナブン

 スジクワガタ

 カラスアゲハ

 クロアゲハ

 

09月08日

裏山で出会った虫達3

 オキナワクロホウジャク★?

 ホウジャク

 ナミアゲハ

 サトクダマキモドキ

 

09月07日

台風後に出会った虫達

 ツクツクボウシ

 ウラギンシジミ

 

09月06日

花壇で出会った虫達

 カマキリ

 キリギリス

 ツバメシジミ

 

09月05日

裏山で出会った虫達2

 ホソヘリカメムシ

 コミスジ

 クロマダラソテツシジミ

 

09月04日

裏山で出会った虫達

 ヨツモンカメノコハムシ★

 ヒラタクワガタ

 ボクトウガ

 

09月03日

オオホシカメムシ

 

09月02日

トゲナナフシ★

 

09月01日

野山で出会った虫達

 コヨツメアオシャク

 ゴマダラキコケガ

 タイワントビナナフシ

 ツマアカクモバチ★

 アオモンイトトンボ

 ルリタテハ

 キマダラツバメエダシャク

 

過去の散策記
2007年4月以後
2006年12月以前

 

 

 

 

 

2020年09月01日 野山で出会った虫達

 

 猛暑とコロナ禍に苦しんだ8月が終わり、今日から9月だ。とはいえ相変わらずの猛暑で、まだまだ残暑は厳しそうだ。

 

 早朝の道路高架下にはコヨツメアオシャクとゴマダラキコケガがいた。両者とも久しぶりの掲載で、コヨツメアオシャクは10年ぶり、ゴマダラキコケガは9年ぶりだ。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 

 「ナナフシがいる」と妻が指す方を見ると、タイワントビナナフシがいた。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

何せ早朝の日陰で薄暗く、カメラの設定を変えていると、ナナフシはセンニンソウの萎れた花びらを食べ始めた。ナナフシの食事風景を撮るのは初めてだ。

 

 さて、今日は休みだったので、前々から娘と約束していたドライブに出かけることにした。車に乗り込みエンジンをかけて、さぁ出発!というところで、前方に何か動くモノを見つけた。車を降りて近づいてみると、クモを運ぶハチだった。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 クモバチ(旧称ベッコウバチ)と呼ばれるハチだ。しかし腹の先がこんな風に橙色のものは初めて見る。これはツマアカクモバチという種だ。運ばれているアシダカグモは脚がユラユラと動いている。ハチの毒針で麻酔をかけられた状態だ。このまま巣穴に入れて卵を産み付ける。自分がクモの立場だったらと想像するとゾッとする。

 

 ツマアカクモバチの撮影が終わり、向かったのは白水の池。昨年ヌートリアと遭遇した池だ。ギンヤンマやシオカラトンボ、ハグロトンボが飛び回る中、多くのアオモンイトトンボが交尾をしていた。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 

 昨年ノコギリクワガタがいた雑木林に寄ってみたが、いたのはカナブンばかり。カナブンは今年既に何回も(数えてみたら10回!)掲載しているもんなぁ・・・と思っていると、ルリタテハが飛んできた。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 翅がボロボロになっているので、ここまでの人生、もとい虫生いろいろあったんだろうな、と想像しながら写真を撮った。

 

 昼食後、久しぶりに大正洞という鍾乳洞に行ってみた。平日ということで人が少ない。というか、自分達以外は男性が一人だけという、ほぼ貸し切り状態だった。夏の鍾乳洞は涼しくて気持ちがいい。まさに天然のクーラーだ。

 出口の天井にキマダラツバメエダシャクを見つけた。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 幾何学的な面白い模様の翅をしている。何かに擬態しているのか、捕食者に対する視覚効果があるのか、あれこれと考えてみたが、想像力の乏しい私にはさっぱり分からない。