2020年09月
<<前月 翌月>>
★は初登場の虫

 

09月18日

裏山で出会った蛾達

 ニセマダラミズメイガ★

 キホソノメイガ★

 スカシコケガ

 ルリモンシャチホコ

 

09月17日

フタモンウバタマコメツキ

 

09月16日

エサキモンキツノカメムシ

 

09月14日

大分県で出会った虫達

 ミドリバエ★

 ヤマトエダシャク★

 プライヤエグリシャチホコ★

 マダラカギバ★

 ツマアカシャチホコ★

 キマエホソバ★

 キベリハネボソノメイガ

 ヒメキホソバ

 キマエアオシャク

 オオカマキリモドキ★

 エンマコガネの1種★

 ハグロトンボ

 ハラボソトンボ

 クロセセリ

 アオハナムグリ

 オオセンチコガネ

 セグロヒメツノカメムシ★

 ゴイシシジミ

 

09月12日

勝手口で出会った虫達

 イラクサギンウワバ★

 ウスグモスズ

 

09月09日

クワガタ大作戦

 ミヤマクワガタ

 アカギカメムシ★

 ヒラタクワガタ

 クロカナブン

 オゴキブリ

 ノコギリクワガタ

 タマムシ

 カブトムシ

 カナブン

 スジクワガタ

 カラスアゲハ

 クロアゲハ

 

09月08日

裏山で出会った虫達3

 オキナワクロホウジャク★?

 ホウジャク

 ナミアゲハ

 サトクダマキモドキ

 

09月07日

台風後に出会った虫達

 ツクツクボウシ

 ウラギンシジミ

 

09月06日

花壇で出会った虫達

 カマキリ

 キリギリス

 ツバメシジミ

 

09月05日

裏山で出会った虫達2

 ホソヘリカメムシ

 コミスジ

 クロマダラソテツシジミ

 

09月04日

裏山で出会った虫達

 ヨツモンカメノコハムシ★

 ヒラタクワガタ

 ボクトウガ

 

09月03日

オオホシカメムシ

 

09月02日

トゲナナフシ★

 

09月01日

野山で出会った虫達

 コヨツメアオシャク

 ゴマダラキコケガ

 タイワントビナナフシ

 ツマアカクモバチ★

 アオモンイトトンボ

 ルリタテハ

 キマダラツバメエダシャク

 

過去の散策記
2007年4月以後
2006年12月以前

 

 

 

 

 

2020年09月06日 花壇で出会った虫達

 

 予報では午後から強風域、夜には暴風域に入るようだが、午前中は全くそんな感じはなく、薄曇りの穏やかな天候だった。

 庭の花壇ではマリーゴールドが満開だ。花に集まる虫、それを狙う虫など、いくつかの虫を見ることが出来る。

 

 最初に見つけたのはカマキリの幼虫。オオカマキリかチョウセンカマキリかは確認していない。カマキリって、ちょっと頭を傾けた仕草が愛嬌がある。瞳のように見える偽瞳孔がさらに人懐っこさを感じさせる。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 

 葉っぱに埋もれるように身を潜めていたのはキリギリス。キリギリスもカマキリのように他の昆虫を捕まえて食べるので、それを狙っているのだろうか。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 ところで、キリギリスといえば今でこそ上画像の虫のことを指すが、かつては今でいうコオロギのことを指していたそうだ。

『広辞苑』を開くと「コオロギの古称。古今和歌集雑体〔つづりさせてふきりぎりす鳴く〕」とある。「つづりさせ」とキリギリスが鳴く、ということだが、「つづりさせ」はコオロギの鳴き声のことで、実際にツヅレサセコオロギというのがいる。ちなみに、キリギリスのことは古くは「ハタオリ」と呼んだそうだ。鳴き声が機織りの音に似ているからだという。

 

 捕食者を2種掲載したので被食者も掲載しよう。キリギリスを撮っている時、ツバメシジミが飛んできて、花の上にとまった。

Panasonic LUMIX G99 + OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro 

 昨日掲載したクロマダラソテツシジミと少しだけ雰囲気が似ているが、こちらの方が清楚な印象だ。翅裏面の色や模様の違いがそう感じさせるのだろうか。