2022年08月
<<前月 翌月>>
★は初登場の虫

 

08月08日

セスジスズメ

 

08月05日

庭で出会った蝶と蛾

 アオスジアゲハ

 アカエグリバ

 

08月04日

モンクロとモンシロ

 モンクロシャチホコ

 モンシロドクガ

 

08月03日

高架下で出会った虫達

 オオミズアオ

 クサキリ

 

08月01日

庭で出会った蜂達

 オオフタオビドロバチ

 ジガバチ

 

過去の散策記
2007年4月以後
2006年12月以前

 

 

 

 

 

2022年08月01日 庭で出会った蜂達

 

 もう8月かぁ・・・ついこの前7月に入ったばかりのような気がするが、日が経つのは早いものだ。

 庭の葉っぱに黒地に黄色い模様のハチがいた。これはオオフタオビドロバチだ。

Panasonic LUMIX G99 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

 オオフタオビドロバチは蛾の幼虫などイモムシを狩って巣穴に運び、産卵をする。13年前にその様子を載せている

 

 愛犬散歩から帰宅した時、庭を素早く動く虫がいた。ジガバチが獲物のイモムシ(シャクガの幼虫)を運んでいるところだった。

Panasonic LUMIX G99 + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

 オオフタオビドロバチと同じように、幼虫の餌としてイモムシを狩っているのだが、オオフタオビドロバチが竹筒やカミキリムシが開けた穴に巣を作るのに対して、ジガバチは地面に穴を掘って巣を作る。ジガバチの方が一手間多いということだ。