2019年07月
<<前月 翌月>>
★は初登場の虫

 

07月14日

ニイニイゼミ

 

07月12日

ヒメクロイラガ

 

07月11日

アワダチソウグンバイ

 

07月10日

大分県で出会った虫達

 クリイロヒメハマキ★

 アオオビハエトリ

 アオドウガネ

 マダラスズ

 ノコギリカミキリ

 

07月09日

福岡県で出会った虫達

 シワナガキマワリ

 ジャノメチョウ

 オジロアシナガゾウムシ

 ノコギリクワガタ

 セイヨウミツバチ

 ミナミアオカメムシ

 

07月08日

キボシカミキリ

 

07月07日

キマダラカメムシ

 

07月06日

アカウシアブ

 

07月05日

アケビコノハ

 

07月04日

キイロクチキムシ

 

07月03日

アリバチの1種

 

07月02日

仕事帰りに出会った虫達

 カシルリオトシブミ

 イシガケチョウの幼虫

 ハゴロモの幼虫

 

過去の散策記
2007年4月以後
2006年12月以前

 

 

 

 

 

2019年07月02日 仕事帰りに出会った虫達

 

 泊まりがけの研修会があり、昨夜は遅くまで飲んで、もとい、昨夜も遅くまで飲んでしまい、辛い朝をむかえた。

 昼過ぎに終了し、帰宅途中に道路沿いに車を停めて、茂みを覗いてみると、カシルリオトシブミがいた。体長3〜5㎜の小さな虫だけど、全身に金属光沢があり、特に瑠璃色に光る翅が綺麗だ。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + FD-1

 

 イヌビワの葉にはイシガケチョウの幼虫がいた。脱皮後そんなに時間が経っていないのか、そばに抜け殻がころがっていた。抜け殻には頭部の突起や、背中の突起もはっきりと確認できる。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + FD-1

 

 細い枝でゴミクズのようなものが動いていた。これはハゴロモの幼虫だと思う。ハゴロモの幼虫は、このように白いロウ物質で体を覆う傾向がある。

OLYMPUS STYLUS TG-4 Tough + FD-1