2020年03月
<<前月 翌月>>
★は初登場の虫

 

03月26日

モンキキナミシャク

 

03月24日

公園で出会った虫達

 セイヨウミツバチ

 テングチョウ

 マツモムシ

 

03月22日

フクラスズメ

 

03月21日

北九州で出会った虫達

 ムラサキツバメ

 ルリシジミ

 ビロードツリアブ

 

03月18日

ツチイナゴ

 

03月16日

ケムシ

 

03月13日

ヒメエグリバ

 

03月12日

ムラサキシジミ

 

03月09日

シロテンエダシャク

 

03月04日

ハラアカコブカミキリ

 

03月02日

ウスギヌカギバ

 

過去の散策記
2007年4月以後
2006年12月以前

 

 

 

 

 

2020年03月04日 ハラアカコブカミキリ

 

 今日、地元山口県で新型コロナウィルス感染者が初めて確認された。未確認の感染者は既に多数いるだろうことは想像していたので、さして驚きはない。かく言う私も例外ではないだろう。

 一連の騒ぎは仕事にも影響を及ぼし、今月は開店休業とまではいかないが、かつてない深刻な状況となっている。まだまだ収束の目処が立っていないので、来月への影響が心配だ。

 

 夕方の愛犬散歩で、クヌギの木にとまった状態で絶命しているハラアカコブカミキリを見つけた。

Panasonic LUMIX GX7 Ⅲ + LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

 ハラアカコブカミキリは成虫越冬するカミキリムシだが、これは暖冬で早く活動を始めて死んだというわけではなさそうだ。というのも、体には白いものが付着している。これはおそらく「ボーベリア菌」という、昆虫の体で繁殖する「昆虫病原糸状菌」の仲間だろう。つまりこのカミキリムシは昨年菌に冒されて絶命したものではないかと思う。